Welcome to Jungle

吾輩は猫である。名前はまだない。どこで生れたか頓と見当がつかぬ。何でも薄暗いじめじめした所でニャーニャー泣いていた事だけは記憶している。

Welcome to Jungle

Welcome to Jungle

Welcome to Jungle

jQueryとCSSアニメーションをはじめたばかりの方へ
Webデザインのスクール講師が「動かしたいパーツ」ごとの 逆引きリストをつくりました

Welcome to Jungle

病院に行くのが大変?
大丈夫です、私たちが駆けつけます。

歯が痛くて病院に行きたいけど、どうしても行きにくい。
そんな方に寄り添った新しい診療サービス、はじめました。
ただし、病院を訪れてくれる患者さんもいらっしゃるので、
まずは自分たちのできるだけ、木曜と金曜日からはじめます。
新しいヒカリノデンタルをどうぞよろしくお願いします。

困ったときはまずこれから!ジャンル別の記事コレクション

Big 3D Set with Cosmic Illustrations

Spacers

DIRECTOR・WRITER・EDITOR/監督・脚本・編集

是枝裕和

KORE-EDA HIROKAZU

1962年6月6日、東京都生まれ。早稲田大学卒業後、テレビマンユニオンに参加。2014年に独立し制作者集団「分福」を立ち上げる。主なTV作品に、「しかし・・・」(91/CX/ギャラクシー賞優秀作品賞)、「もう一つの教育~伊那小学校春組の記録~」(91/CX/ATP賞優秀賞)などがある。1995年、『幻の光』で監督デビューし、ヴェネチア国際映画祭で金のオゼッラ賞を受賞。2004年の『誰も知らない』では、主演を務めた柳楽優弥がカンヌ国際映画祭で最優秀男優賞を受賞。その他、『ワンダフルライフ』(98)、『花よりもなほ』(06)、『歩いても 歩いても』(08)、『空気人形』(09)、『奇跡』(11)などを手掛ける。

2013年、『そして父になる』で第66回カンヌ国際映画祭審査員賞を始め、国内外で多数の賞を受賞。『海街diary』(15)は第68回カンヌ国際映画祭コンペティション部門に正式出品され、日本アカデミー賞最優秀作品賞他4冠に輝く。『海よりもまだ深く』(16)が映画祭「ある視点」部門正式出品。『三度目の殺人』(17)は第74回ヴェネチア国際映画祭コンペティション部門正式出品、日本アカデミー賞最優秀作品賞他6冠に輝いた。

2018年、『万引き家族』が、第71回カンヌ国際映画祭で栄えある最高賞のパルムドールを受賞し、第91回アカデミー賞®外国語映画賞にノミネートされ、第44回セザール賞外国映画賞を獲得。第42回日本アカデミー賞では最優秀賞を最多8部門受賞する。

2019年には、カトリーヌ・ドヌーヴ、ジュリエット・ビノシュ、イーサン・ホークらを迎えた初の国際共同製作作品『真実』は日本人監督として初めてヴェネチア国際映画祭コンペティション部門オープニング作品に選定された。