小児歯科

da block
Theme Option > Posts > Advertisement / Custom Codeで出力可能 上
Last updated:

小児歯科では、乳歯の健康を守り、永久歯への健全な生え変わりをサポートしながら健全な永久歯へとつなげていきます。歯の健康状態は全身の健康状態と切っても切れない関係にあります。当院では、お子様の歯を守ることで、健やかな体を育てるお手伝いをしていきます。

子どもたちの健全なお口の発育のために、虫歯のない状態を保つことは重要です。乳歯に虫歯がある状態が続くと、発音や永久歯の歯並びにも影響してくることがあります。

また、子どもの頃はアドの成長や正常な噛み合わせのためにも、食事をよく噛んで食べることが重要になります。そのためにも健全な歯を維持していくことが大切です。

治療をしていくにあたって、まず歯科医院での環境に慣れていく必要があります。練習を行い、いろんな道具に慣れていったら、治療に入っていきます。また、不安などが大きい場合は、笑気ガスを用いて、リラックスした状態での治療を行います。不安な気持ちが和らぎ、治療ができるようになる場合もあります。

治療が終わってから大切なことは、虫歯になりにくい環境を作っていくことです。

そのために日頃の歯磨き、ケアが大切です。虫歯予防のために次のことを当院では行なっていきます。

虫歯の予防

①歯磨き指導

虫歯のできやすい部位や歯磨きを嫌がる子への磨き方のコツなど、ご自宅で歯磨きが更に良くなり、歯磨きが好きになるように指導を心がけます。

②PMTC(機械を用いた歯の清掃)

歯科医院で専用の機械を用いて、日頃の歯磨きでは除去しきれてない細菌の塊を除去し、歯の表面をツルツルに磨いていきます。

また茶しぶなどの着色を除去することも可能です。歯の表面がきれいな状態になることで、汚れがつきにくく細菌の繁殖しにくい環境を作っていきます。

③フッ素塗布

生えたばかりの乳歯や永久歯は虫歯になりやすいため、歯の質を強化するために3か月に1回の頻度で、フッ素塗布を行うことをおすすめしています。おうちでフッ素洗口やフッ素入り歯磨き粉を併用して使用すると、より効果的です。

④シーラント

生えたばかりの歯は溝の部分が深く、虫歯になりやすい部分であるため、虫歯になる前に、予防処置として、歯の溝の部分を専用の材料を用いて埋め、虫歯になりにくい環境を作っていきます。これをシーラントと言います。

特に奥歯の永久歯が生えてくる時期に行うと効果的です。

上へ