ホワイトニング

da block
Theme Option > Posts > Advertisement / Custom Codeで出力可能 上
Last updated:

ホワイトニングとは

ホワイトニングとは、ホワイトニング剤を塗布することで歯の表面の黄ばみ色素を分解して歯を漂白することです。

オフィスホワイトニング(歯科医院での照射器による方法)・ホームホワイトニング(自宅でマウスピースを使用する方法)の2つの方法があります。

またより効果を得るために、オフィスホワイトニングとホームホワイトニングを併用するデュアルホワイトニングも選択することもできます。

ホームホワイトニングについて

歯科医院に何度も通わずに出来るホワイトニングです。

マウスピースにホワイトニング用の薬剤を入れて装着することで、自分のタイミングで歯を白くすることができます。

メリット

①自分のタイミングでできる

一度歯科医院でマウスピースの作成と薬剤の処方を受ければ、自分のタイミングでいつでもできます。忙しくて歯科医院に通えない方に人気です。

②白さが長持ちする

オフィスホワイトニングと比べて、白くなるまでに時間がかかりますが白さが長持ちします。

デメリット

①知覚過敏

ホワイトニングの施術後、歯がしみたり痛みを感じることがあります。通常、数日で痛みは和らぎます。

②ホワイトニング直後は着色しやすい

ホームホワイトニングをした直後は飲食物の色を吸収しやすい時間があり、色のついた飲食物やタバコは数時間我慢する必要があります。

<食べ物>カレー、チョコレート、ケチャップ、ソース、、その他色の濃いもの

<飲み物>コーヒー、赤ワイン、ココア、抹茶

<その他>タバコ、うがい薬、色付きのマウスウォッシュ

ホームホワイトニングの流れ

<歯科医院での流れ>

①カウンセリングをします

患者さんがどの場所をどの程度白くしたいのか希望を聞きます。

起こりうる副作用についてもご説明します。

②口腔内のチェックをします

虫歯や歯周病の検査をします。

レントゲン撮影を行い、ホワイトニングより前に治療した方がいいところがないか確認をします。

③マウスピースを作成します

歯全体の型取りをして、患者さん専用のマウスピースを作ります。

④使用方法の説明

マウスピースは取り扱い方法を間違えると壊れたり、変形してしますことがあるので取り扱い方法には注意が必要です

<自宅での流れ>

①キレイに歯磨きします

②歯の唇側にジェルを入れます

③マウスピースを歯に装着します

④マウスピースを外した後はお口をよくすすぎ、歯磨きします

⑤マウスピースを流水で洗い、水をきってケースにしまいます

オフィスホワイトニングについて

歯科医院にて漂白を行う方法です。歯の表面に高濃度の薬液を塗布し、光を照射することにより、歯の着色成分を変化させることで黄ばみを改善する方法です。

上へ